2020年10月改正建設業法施行により経管の要件が変更されています。当サイトでも随時最新対応していきますが、現時点の記載は旧内容です。ご注意ください。

建設業許可申請の全容解明!

建設業許可の要件

申請区分毎の全国の料金を明記

申請区分ごとの料金 申請区分ごとに料金が異なります。 基本的には次の4パターンを覚えておけばあとは足し算だけなので計算が簡単にできます。 大臣:新規:15万円 大臣:更新・追加:5万円 知事:新規:9万円 知事:更新・追加:5万円 大臣許可 新規 15万円 更新・追加 5万円 知事許可 新規 9万円 更新・追加 5万円 申請区分ごとの料金一覧表 申請区分 許可手数料 ...
2021.01.28
建設業許可の業種

大工工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

大工工事業 内容 木材の加工又は取付けにより工作物を築造し、又は工作物に木製設備を取付ける工事 例示 大工工事、型枠工事、造作工事 区分の考え方 (特になし)
2020.06.30
建設業許可の業種

土木一式工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

土木一式工事業 内容 総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物を建設する工事 (補修、改造又は解体する工事を含む) 例示 橋梁工事やダム工事などを一式として請負うもの 区分の考え方 「プレストレストコンクリート工事」のうち橋梁等の土木工作物を総合的に建設するプレストレストコンクリート構造物工事は『土木一式工事』に該当する。 「プレストレストコンクリートの説明」 上下水道に関する施設の建設工事における『土木一式工事』『管工事』...
2020.06.30
建設業許可の業種

建築一式工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

建築一式工事業 内容 総合的な企画、指導、調整のもとに建築物を建設する工事 例示 一棟の住宅建設等一式工事として請負うもの。 建築確認を必要とする増改築等。 区分の考え方 ビルの外壁に固定された避難階段を設置する工事は『消防施設工事』ではなく、建築物の躯体の一部の工事として『建築一式工事』又は『鋼構造物工事』に該当する。
2020.06.30
建設業許可の業種

左官工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

左官工事業 内容 工作物に壁土、モルタル、漆くい、プラスター、繊維等をこて塗り、吹付け、又ははり付ける工事 例示 左官工事、モルタル工事、モルタル防水工事、吹付け工事、とぎ出し工事、洗い出し工事 区分の考え方 防水モルタルを用いた「防水工事」は『左官工事』、『防水工事』どちらの業種の許可でも施工可能。 「ガラス張り工事」「乾式壁工事」については、『左官工事』を行う際の準備作業として当然に含まれている。 『左官工事』における「吹付け工事」とは...
2020.06.30
建設業許可の業種

とび・土工・コンクリート工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

とび・土工・コンクリート工事業 内容 足場の組立て、機械器具・建設資材等の重量物のクレーン等による運搬配置、鉄骨等の組立て等を行う工事 くい打ち、くい抜き及び場所打ぐいを行う工事 土砂等の掘削、盛上げ、締固め等を行う工事 コンクリートにより工作物を築造する工事 その他基礎的ないしは準備的工事 例示 とび工事、ひき工事、足場等仮設工事、重量物のクレーン等による揚重運搬配置工事、鉄骨組立て工事、コンクリートブロック据付け工事...
2020.06.30
建設業許可の業種

石工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

石工事業 内容 石材(石材に類似のコンクリートブロック及び擬石を含む。)の加工又は積方により工作物を築造し、又は工作物に石材を取付ける工事 例示 石積み(張り)工事、コンクリートブロック積み(張り)工事 区分の考え方 『とび・土工・コンクリート工事』における「コンクリートブロック据付け工事」並びに『石工事』及び『タイル・れんが・ブロツク工事』における「コンクリートブロック積み(張り)工事」間の区分の考え方は以下のとおりである。 根固めブロック、消波ブロックの...
2020.06.30
建設業許可の業種

屋根工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

屋根工事業 内容 瓦、スレート、金属薄板等により屋根をふく工事 例示 屋根ふき工事 区分の考え方 「瓦」、「スレート」及び「金属薄板」については、屋根をふく材料の別を示したものにすぎず、また、これら以外の材料による屋根ふき工事も多いことから、これらを包括して「屋根ふき工事」とする。したがって板金屋根工事も『板金工事』ではなく『屋根工事』に該当する。 屋根断熱工事は、断熱処理を施した材料により屋根をふく工事であり「屋根ふき工事」の一類型である。 ...
2020.06.30
建設業許可の業種

電気工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

電気工事業 内容 発電設備、変電設備、送配電設備、構内電気設備等を設置する工事 例示 発電設備工事、送配電線工事、引込線工事、変電設備工事、構内電気設備(非常用電気設備を含む。)工事、照明設備工事、電車線工事、信号設備工事、ネオン装置工事 区分の考え方 屋根一体型の太陽光パネル設置工事は『屋根工事』に該当する。 太陽光発電設備の設置工事は『電気工事』に該当し、太陽光発電パネルを屋根に設置する場合は、屋根等の止水処理を行う工事が含まれる。 『機械器具設置工事』に...
2020.06.30
建設業許可の業種

管工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

管工事業 内容 冷暖房、冷凍冷蔵、空気調和、給排水、衛生等のための設備を設置し、又は金属製等の管を使用して水、油、ガス、水蒸気等を送配するための設備を設置する工事 例示 冷暖房設備工事、冷凍冷蔵設備工事、空気調和設備工事、給排水・給湯設備工事、厨房設備工事、衛生設備工事、浄化槽工事、水洗便所設備工事、ガス管配管工事、ダクト工事、管内更生工事 区分の考え方 「冷暖房設備工事」、「冷凍冷蔵設備工事」、「空気調和設備工事」には、冷媒の配管工事などフロン類の漏洩を防止する...
2020.06.30
タイトルとURLをコピーしました