2020年10月改正建設業法施行により経管の要件が変更されています。当サイトでも随時最新対応していきますが、現時点の記載は旧内容です。ご注意ください。

記載例|指導監督的実務経験の確認資料

建設業許可(様式)指導監督確認資料建設業許可申請書の書き方
この記事は約1分で読めます。

指導監督的実務経験の確認資料

1 実務経験証明期間の常勤を確認できるもの

②実務経験証明期間の常勤(又は営業)を確認できるものとして次のいずれか
・健康保険被保険者証の写し(事業所名と資格取得年月日の記載されているもので、引き続き在職している場合に限る。)
・厚生年金被保険者記録照会回答票(事業所名が記載されていること。)
・住民税特別徴収税額通知書の写し(期間分-原本提示)
・確定申告書 法人(役員に限る。)では、表紙と役員報酬明細の写し(期間分-原本提示)
(受付印押印のもの) 個人においては、第一表と第二表の写し(期間分-原本提示)
・その他(出向等の場合は個別に相談してください。)

専任技術者の確認資料より

2 実務経験の内容欄に記入した工事についての契約書の写し(原本提示)

タイトルとURLをコピーしました