2020年10月改正建設業法施行により経管の要件が変更されています。当サイトでも随時最新対応していきますが、現時点の記載は旧内容です。ご注意ください。

公共工事を受注するためには?

建設業許可(QA)公共工事Q&A(質問)
この記事は約1分で読めます。

建設業許可に関するよくある質問

将来、公共工事を受注したいのですが、どうすればいいですか?

「建設業許可がよくわかる」からの回答

公共工事を受注するためには入札で落札するひつようがあります。

入札するためには、発注者である行政庁(国や地方自治体など)の入札参加資格を取得しなければいけません。

【入札参加資格の全て】入札参加資格を分かり易く解説
入札参加資格をかんたんに説明します。 ・入札参加資格って必要? ・入札参加資格をとるのは難しい? という疑問をお持ちではありませんか? そこでこの記事ではそんな入札参加資格がよくわからないという方を対象に、わからいやすく解説していきます。 具体的には 入札参加資格とは 競争参加資格審査 個別工事の競争参加資格 入札参加資格のまとめ の順番にご紹介していきます。 ...

入札参加資格を取得するためには、経営事項審査を事前に受けておく必要があります。

【経営事項審査(経審)の全て】経審を分かり易く解説
経営事項審査をかんたんに説明します。 ・経審って必ず必要なの? ・経審って建設業許可と関連あるの? という疑問をお持ちではありませんか? そこでこの記事ではそんな経営事項審査がよくわからないという方を対象に、わからいやすく解説していきます。 具体的には 経営事項審査とは 経営事項審査の項目と総合評定値 経営事項審査の申請 経営事項審査のまとめ の順番にご紹介していき...

そして、経営事項審査を受けるためには、建設業許可を取得しておかなければいけません。

建設業許可申請の全容解明!
建設業許可申請の人気3記事をピックアップ 【建設業許可の全て①】申請の手引きを分かり易く解説 2019.03.012020.06.30 ...

つまり、公共工事を受注するまでの流れは、下記のようになります。

  1. 建設業許可を取得
  2. 経営事項審査の申請
  3. 入札参加資格の申請
  4. 入札
  5. 落札(受注)

建設業許可を取得した業種が基本となります。

他の業種での申請はできませんので、必要な業種はあらかじめ建設業許可を取得しておいてください。

タイトルとURLをコピーしました