2020年10月改正建設業法施行により経管の要件が変更されています。当サイトでも随時最新対応していきますが、現時点の記載は旧内容です。ご注意ください。

申請区分毎の全国の料金を明記

建設業許可(要件)申請区分料金建設業許可の要件
この記事は約2分で読めます。

申請区分ごとの料金

申請区分ごとに料金が異なります。

基本的には次の4パターンを覚えておけばあとは足し算だけなので計算が簡単にできます。

  • 大臣:新規:15万
  • 大臣:更新・追加:5万
  • 知事:新規:9万
  • 知事:更新・追加:5万

大臣許可

新規

15万

更新・追加

5万

知事許可

新規

9万

更新・追加

5万

 

申請区分ごとの料金一覧表

申請区分許可手数料
知事許可大臣許可
新規一般のみ・特定のみ9万円15万円
一般+特定18万円30万円
許可換え新規一般のみ・特定のみ9万円15万円
一般+特定18万円30万円
般・特新規一般のみ・特定のみ9万円15万円
業種追加一般のみ・特定のみ5万円5万円
一般+特定10万円10万円
更新一般のみ・特定のみ5万円5万円
一般+特定10万円10万円
般・特新規+業種追加特定(新規)+一般(追加)14万円20万円
一般(新規)+特定(追加)14万円20万円
般・特新規+更新特定(新規)+一般(更新)14万円20万円
一般(新規)+特定(更新)14万円20万円
業種追加+更新特定(追加)+一般(更新)10万円10万円
特定(追加)+特定(更新)10万円10万円
一般(追加)+一般(更新)10万円10万円
一般(追加)+特定(更新)10万円10万円
一般(追加)+一般(更新)+特定(更新)15万円15万円
一般(追加)+一般(更新)+特定(追加)15万円15万円
一般(追加)+特定(追加)+特定(更新)15万円15万円
一般(更新)+特定(追加)+特定(更新)15万円15万円
一般(追加)+特定(追加)+一般(更新)+特定(更新)20万円20万円
般・特新規+業種追加+更新19万円25万円
19万円25万円

 

タイトルとURLをコピーしました