2020年10月改正建設業法施行により経管の要件が変更されています。当サイトでも随時最新対応していきますが、現時点の記載は旧内容です。ご注意ください。

基礎知識

建設業独立

【会社設立】はじめての会社設立(株式会社と合同会社)

会社設立はとても簡単です。 行政書士や司法書士にお願いすればいいんですが、建設業を営む場合は絶対に外せないポイントがあります。 行政書士や司法書士に全部任せたらだめなの? 自分でできるかどうかわからない・・・ という不安をお持ちではありませんか? そこでこの記事ではそんな建設業での会社設立という事例をもとに、建設業許可取得が必要な方のために説明していきます。 具...
2020.12.23
建設業許可の要件

知事許可と大臣許可の相違点

知事許可と大臣許可の違いを説明できますか? 営業所が2つ以上の都道府県にあるなら大臣許可でしょ。 と単純に思っていませんか? 例えば、業種毎に営業所がわかれていて、それぞれ別々の都道府県にある場合はどうでしょうか。 要するに、2つ以上の都道府県という要件は、会社にかかってくる要件なのか、建設業許可の業種にかかってくる要件なのかご存知ですか? 知事許可と大臣許可の相違点 これから取得する建設業許可と...
2020.12.23
Q&A(質問)

建設業許可は必要でしょうか?

建設業許可に関するよくある質問 大工を下請てしています。 いつも元請けから仕事を頂いており、金額は多くても300万円くらいの契約です。 元請が5000万円の仕事を受注しており、その下請けとして300万円の契約をしました。 建設業許可は500万円以上から必要と聞いています。 この場合、建設業許可は必要なのでしょか。 「建設業許可がよくわかる」からの回答 結論から申し上げますと、「必要ありません。」 建設業許可を取得しなくてもよい工...
2021.01.18
Q&A(質問)

契約中の工事への影響について

建設業許可に関するよくある質問 現在、個人事業主として大工をしております。 将来のことを考えて、法人化しようと考えており、手順を調べておりました。 個人事業主から法人成りする場合、個人事業主として取得した建設業許可は一旦廃業届を提出し、法人化した法人として新規取得する必要があると知りました。 この場合、契約済みで未完了の工事がある場合、法人化後に建設業許可を新規取得しなければ、工事を行ってはいけないのでしょうか。 「建設業許可がよくわかる」からの...
2021.01.18
建設業許可の要件

申請区分の説明(組み合わせパターン)

建設業許可の申請区分 申請区分 許可手数料 知事許可 大臣許可 1 新規 一般のみ・特定のみ 9万円 15万円 一般+特定 18万円 30万円 2 許可換え新規 一般のみ・特定のみ 9万円 15万円 一般+特定 18万円 30万円 3 般・特新規 一般のみ・特定のみ 9万円 15万円 4 業種追加 一般のみ・特定のみ 5万円 5万円 一般+...
2021.01.28
建設業許可の要件

申請区分毎の全国の料金を明記

申請区分ごとの料金 申請区分ごとに料金が異なります。 基本的には次の4パターンを覚えておけばあとは足し算だけなので計算が簡単にできます。 大臣:新規:15万円 大臣:更新・追加:5万円 知事:新規:9万円 知事:更新・追加:5万円 大臣許可 新規 15万円 更新・追加 5万円 知事許可 新規 9万円 更新・追加 5万円 申請区分ごとの料金一覧表 申請区分 許可手数料 ...
2021.01.28
建設業許可の業種

大工工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

大工工事業 内容 木材の加工又は取付けにより工作物を築造し、又は工作物に木製設備を取付ける工事 例示 大工工事、型枠工事、造作工事 区分の考え方 (特になし)
2020.06.30
建設業許可の業種

土木一式工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

土木一式工事業 内容 総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物を建設する工事 (補修、改造又は解体する工事を含む) 例示 橋梁工事やダム工事などを一式として請負うもの 区分の考え方 「プレストレストコンクリート工事」のうち橋梁等の土木工作物を総合的に建設するプレストレストコンクリート構造物工事は『土木一式工事』に該当する。 「プレストレストコンクリートの説明」 上下水道に関する施設の建設工事における『土木一式工事』『管工事』...
2020.06.30
建設業許可の業種

建築一式工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

建築一式工事業 内容 総合的な企画、指導、調整のもとに建築物を建設する工事 例示 一棟の住宅建設等一式工事として請負うもの。 建築確認を必要とする増改築等。 区分の考え方 ビルの外壁に固定された避難階段を設置する工事は『消防施設工事』ではなく、建築物の躯体の一部の工事として『建築一式工事』又は『鋼構造物工事』に該当する。
2020.06.30
建設業許可の業種

左官工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

左官工事業 内容 工作物に壁土、モルタル、漆くい、プラスター、繊維等をこて塗り、吹付け、又ははり付ける工事 例示 左官工事、モルタル工事、モルタル防水工事、吹付け工事、とぎ出し工事、洗い出し工事 区分の考え方 防水モルタルを用いた「防水工事」は『左官工事』、『防水工事』どちらの業種の許可でも施工可能。 「ガラス張り工事」「乾式壁工事」については、『左官工事』を行う際の準備作業として当然に含まれている。 『左官工事』における「吹付け工事」とは...
2020.06.30
タイトルとURLをコピーしました