2020年10月改正建設業法施行により経管の要件が変更されています。当サイトでも随時最新対応していきますが、現時点の記載は旧内容です。ご注意ください。

基礎知識

建設業許可の業種

とび・土工・コンクリート工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

とび・土工・コンクリート工事業 内容 足場の組立て、機械器具・建設資材等の重量物のクレーン等による運搬配置、鉄骨等の組立て等を行う工事 くい打ち、くい抜き及び場所打ぐいを行う工事 土砂等の掘削、盛上げ、締固め等を行う工事 コンクリートにより工作物を築造する工事 その他基礎的ないしは準備的工事 例示 とび工事、ひき工事、足場等仮設工事、重量物のクレーン等による揚重運搬配置工事、鉄骨組立て工事、コンクリートブロック据付け工事...
2020.06.30
建設業許可の業種

石工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

石工事業 内容 石材(石材に類似のコンクリートブロック及び擬石を含む。)の加工又は積方により工作物を築造し、又は工作物に石材を取付ける工事 例示 石積み(張り)工事、コンクリートブロック積み(張り)工事 区分の考え方 『とび・土工・コンクリート工事』における「コンクリートブロック据付け工事」並びに『石工事』及び『タイル・れんが・ブロツク工事』における「コンクリートブロック積み(張り)工事」間の区分の考え方は以下のとおりである。 根固めブロック、消波ブロックの...
2020.06.30
建設業許可の業種

屋根工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

屋根工事業 内容 瓦、スレート、金属薄板等により屋根をふく工事 例示 屋根ふき工事 区分の考え方 「瓦」、「スレート」及び「金属薄板」については、屋根をふく材料の別を示したものにすぎず、また、これら以外の材料による屋根ふき工事も多いことから、これらを包括して「屋根ふき工事」とする。したがって板金屋根工事も『板金工事』ではなく『屋根工事』に該当する。 屋根断熱工事は、断熱処理を施した材料により屋根をふく工事であり「屋根ふき工事」の一類型である。 ...
2020.06.30
建設業許可の業種

電気工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

電気工事業 内容 発電設備、変電設備、送配電設備、構内電気設備等を設置する工事 例示 発電設備工事、送配電線工事、引込線工事、変電設備工事、構内電気設備(非常用電気設備を含む。)工事、照明設備工事、電車線工事、信号設備工事、ネオン装置工事 区分の考え方 屋根一体型の太陽光パネル設置工事は『屋根工事』に該当する。 太陽光発電設備の設置工事は『電気工事』に該当し、太陽光発電パネルを屋根に設置する場合は、屋根等の止水処理を行う工事が含まれる。 『機械器具設置工事』に...
2020.06.30
建設業許可の業種

管工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

管工事業 内容 冷暖房、冷凍冷蔵、空気調和、給排水、衛生等のための設備を設置し、又は金属製等の管を使用して水、油、ガス、水蒸気等を送配するための設備を設置する工事 例示 冷暖房設備工事、冷凍冷蔵設備工事、空気調和設備工事、給排水・給湯設備工事、厨房設備工事、衛生設備工事、浄化槽工事、水洗便所設備工事、ガス管配管工事、ダクト工事、管内更生工事 区分の考え方 「冷暖房設備工事」、「冷凍冷蔵設備工事」、「空気調和設備工事」には、冷媒の配管工事などフロン類の漏洩を防止する...
2020.06.30
建設業許可の業種

タイル・れんが・ブロツク工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

タイル・れんが・ブロツク工事業 内容 れんが、コンクリートブロック等により工作物を築造し、又は工作物にれんが、コンクリートブロック、タイル等を取付け、又ははり付ける工事 例示 コンクリートブロック積み(張り)工事、レンガ積み(張り)工事、タイル張り工事、築炉工事、スレート張り工事、サイディング工事 区分の考え方 「スレート張り工事」とは、スレートを外壁等にはる工事を内容としており、スレートにより屋根をふく工事は「屋根ふき工事」として『屋根工事』に該当する。 「コ...
2020.06.30
建設業許可の業種

鋼構造物工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

鋼構造物工事業 内容 形鋼、鋼板等の鋼材の加工又は組立てにより工作物を築造する工事 例示 鉄骨工事、橋梁工事、鉄塔工事、石油、ガス等の貯蔵用タンク設置工事、屋外広告工事、閘門、水門等の門扉設置工事 区分の考え方 『とび・土工・コンクリート工事』における「鉄骨組立工事」と『鋼構造物工事』における「鉄骨工事」との区分の考え方は、鉄骨の製作、加工から組立てまでを一貫して請け負うのが『鋼構造物工事』における「鉄骨工事」であり、既に加工された鉄骨を現場で組立てることのみを請...
2020.06.30
建設業許可の業種

鉄筋工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

鉄筋工事業 内容 棒鋼等の鋼材を加工し、接合し、又は組立てる工事 例示 鉄筋加工組立て工事、鉄筋継手工事 区分の考え方 『鉄筋工事』は「鉄筋加工組立て工事」と「鉄筋継手工事」からなっており、「鉄筋加工組立て工事」は鉄筋の配筋と組立て、「鉄筋継手工事」は配筋された鉄筋を接合する工事である。鉄筋継手にはガス圧接継手、溶接継手、機械式継手等がある。
2020.06.30
建設業許可の業種

舗装工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

舗装工事業 内容 道路等の地盤面をアスファルト、コンクリート、砂、砂利、砕石等により舗装する工事 例示 アスファルト舗装工事、コンクリート舗装工事、ブロック舗装工事、路盤築造工事 区分の考え方 舗装工事と併せて施工されることが多いガードレール設置工事については、工事の種類としては『舗装工事』ではなく『とび・土工・コンクリート工事』に該当する。 人工芝張付け工事については、地盤面をコンクリート等で舗装した上にはり付けるものは『舗装工事』に該当する。
2020.06.30
建設業許可の業種

しゆんせつ工事業の「内容」・「例示」・「区分の考え方」について解説

しゆんせつ工事業(浚渫工事業) 内容 河川、港湾等の水底をしゆんせつする工事 港湾・河川・運河などの底面を浚(さら)って土砂などを取り去る土木工事 例示 しゆんせつ工事(浚渫工事) 区分の考え方 (なし)
2020.06.30
タイトルとURLをコピーしました